60歳からの格安スマホ

「スマホにしたいんだけど・・・。」今年に入って、60歳代半ばの父が突然相談してきました。それまで父が使用していたのは、ごくシンプルな機能のみのガラケーでした。


電話の使用が中心で、インターネットはおろか、メール機能さえほとんど使えていません。そんな父が、突然スマホを使いこなせるはずがないと、家族はみんな大反対でした。


それでも父は、家族の反対を押し切って家電量販店で格安スマホを購入してきました。上機嫌で帰宅した父。店頭のスタッフに基本的な使い方は教わったというのですが、スマホを取り出して、まず一言。「画面がつかない!」その後も「電話の出方(かけ方)がわからない」「画面が回転する」「マナーモードはどうやるの」「インターネットはどうやるの」


そこからは、家族の顔を見るたびに質問の嵐です。一度やり方を教えてもなかなか覚えられず、電話がかかってくると、何度も「どうやって出るんだっけ!?」と慌てて私のところへ持ってくる始末でした。(画面を右にフリックするだけなのですが…。)


格安スマホの人気が高まるにつれて、今まで興味がなかったけど、料金が変わらないならスマホに挑戦したい、と思う方も増えているそうです。しかし、年配の初心者の方が独学でスマホを使いこなそうというのはやはりまだ難しいと思われます。


そもそも格安スマホとはなんでしょうか。一番大きな違いは、au、NTTドコモ、ソフトバンクモバイルなどの大手キャリアとの契約とは異なるという点です。


特にこだわりがなければ、スマホの機能には大きな差はなく、電話番号もそのまま変えずに乗り換えることができます。そして大手キャリアと比べて、数千円ほど安く使えるというのが人気のポイントです。


ただし、大手キャリアのメールアドレス(@docomo.~など)が使えなくなることと、操作でわからないことがあったときに、教えてくれる窓口がないということ。これが意外と重要なポイントなのです。


大手キャリアのスマホであれば、操作が分からなくなったときもショップに行き、相談することができます。一方、格安スマホも有料オプションとして電話サポートなどがありますが、スマホの操作を電話で教わるのは、慣れていない人にはなかなか難しいことでしょう。


メールに関しても、yahooメールやgmailなどの新規アカウントを作ってフリーメールを利用することになるのですが、今までの携帯メールと勝手が違うため、これが結構ややこしいのです。LINEなどのアプリを利用する方が簡単かもしれませんが、アプリの選び方、インストール方法など、これも教えてくれる人が必要です。


家族など身近にすぐ相談できる人がいればよいのですが、そうでない場合はサポート体制がどうなっているか、本当に使いこなせるのか、よく考えたほうがよさそうです。「格安」の高い買い物にならないよう、しっかり検討してくださいね。